最近作った料理4 ジェノバ風色々。

ペスト・ジェノヴェーゼ(ジェノバ風ペースト)

材料こんな感じ。DOP(イタリアの原産地名称保護制度)の定義にしたがって作りましょう。
 
d0076442_215143.jpg


まずはニンニク、松の実、オリーブオイルをミキサーにかけます。

d0076442_221173.jpg


で、バジルの葉から葉脈の太いところを取り除きます。
毎年バジルを見ると嬉しくなる。
昔、思いっきり育ててたからなぁ。ナツカシス。
バジルの葉は実は高さと収穫回数、日照量、気温によって味が違う。さらにどの部分での葉かによってね。

で、初取りが終わった後とか、そのあとは側芽が伸びるようにしてやらないといけないので、摘み方はも大事だったりする。
葉の形状によって食感も違う。
今回のは初取りだねぇ。でもこの日照量だから予想通り、葉の厚みが少ないし、葉緑素の散り方にむらがある。
ハウスで作ってると思うけど、やっぱり日差しがある程度ないとなぁ。
あとは気温も低かったしね。今月は。農家さん、不満だろうな。

バジルの葉は花が出来てたら葉が硬くなるので、摘芯(蕾を千切り取る)しとかんといけません。でも彼らは隙があるとすぐ花をつけるので注意。

腋芽(横の芽ね)を残せば2度、3度と収穫できるので楽しかったな。



で、先ほどのペーストとオリーブオイルと塩少々を加えて混ぜてミキサーする。
 
出来上がりは瓶に詰めて、上からオリーブオイルで蓋をしてあげましょう。
酸化を防ぎます。

d0076442_224678.jpg


ちなみに僕はここでペコリーノサルド(チーズとかね)入れません。
なぜなら、持ちが悪くなるからです。
調理時に混ぜたり、上からかければいいと思いますよ。

ホントは明日か明後日が美味しいのだけど、せっかく作りたてだからなんか軽く一品。

トマトとジェノヴェーぜのブルスケッタ。
バケットにつぶしたにんにくを刷り込みます。ニンニクは取ってね。


ミディトマトを薄くスライスしておきます。
で、バケットに乗せて、ジェノベーゼを載せて、軽く塩を振って出来上がり

d0076442_233132.jpg

う・ま・い!うーん、たまらんね。自然の旨みをガブ。
色がいいなぁ。トマトも濃い色、ペストジェノヴェーゼもいい色。

色を大事にしたいときは、ミキサーを冷蔵庫に入れてから、材料も全部冷やしてからミックスするといいと思います。あとは出来上がり直後に小分けして、ジップロックに入れて冷凍しましょう。
少しずつ解凍して、一年間楽しく頂きましょう。
冷蔵保存の場合はオリーブオイルを多めに被せ、空気に触れる部分を無くします。
そうすることで酸化を防げますよ。

で、ジェノベーゼを使って二品。

まずはリゾット。
ジェノベーゼと家にあったパセリを使って。

バジルのクリームリゾット、ミッチ風。

まずは材料。この画像+玉ねぎ、チキンコンソメかな。
松の実は軽くローストしておきます。
 
d0076442_253623.jpg


玉ねぎ、にんにくを炒めてしんなりしてきたら白ワインを入れて酸味と旨みを吸わせます。
 
d0076442_261083.jpg


今回は穏やかに仕上げるため、塩を使いません。
塩分はベーコンとチキンコンソメ1個分の塩分で十分です。

玉ねぎが白ワインを吸いつくしたら、洗ってないコメを入れます。

 
d0076442_264877.jpg


その間にコンソメを用意しておきます。パセリの軸を入れると香りが本格的になりますよ。
 
d0076442_271964.jpg


ベーコンを入れて、コンソメをお玉一杯入れて一気に沸かします。
ヘラで混ぜてはいけません。フライパンが円を描くように水平にゆすって、時折あおって返しましょう。水分が無くなり、パチパチ言うまで飛ばしましょう。
それから次のお玉で追加です。この作業が重要です。

ヘラを使うと米のべたつきが出るので、美味しくありません。 
 
この作業を4,5回ほど繰り返し、お米に少しだけ芯を残します。

パセリのみじん切りを用意しましょう。結構多めにね。で、リゾットの最後の御玉ターンで、生クリームを少々入れます。入れすぎるとくどいので注意。
 
d0076442_274781.jpg


火を消してからパセリ、ペコリーノロマーノ、ジェノベーゼの順番でを混ぜ込みます。
混ぜにくい順番から混ぜましょう。火を落とさないと、色合いが悪くなるので注意。

d0076442_283326.jpg


松の実をまぶしてできあがり。
d0076442_285660.jpg


相変わらずめちゃくちゃ美味い。ホント、外で食う理由が・・・・w
ジェノベーゼは正直、ベーシックなソースです。
ですから、そこに組み合わせる料理に合わせたハーブや野菜を足していくと、それにあったように完成していきます。
今回はパセリの香りと合わせ、爽やかで軽くグイグイいける味わいに仕上げています。
そこをクリームでまろやかにして、米の食感で食べるって感じですね。
で、酸味の強い白ワインを使い、全体をキュっと締める感じです。

例えば肉料理ならジェノベーゼにローズマリーを、魚料理ならフェンネルを、香り高く上品な仕上がりにしたいときはフィーヌゼルブを、それぞれ合わせて仕上げるといいと思います。
ボクがジェノベーゼを作るときは出来るだけ塩分を控え、仕上がり状態を6割ぐらいにして、料理で仕上げるようにしています。

ちなみにもう一品。
じゃがいもとズッキーニのリングイネ、ジェノバ風。

d0076442_2111032.jpg


じゃがいもはパスタのゆで汁と一緒に先に茹でておいて、最後に合わせればいいです。
by michinoyu3 | 2009-04-20 02:12 | イタリアン
<< 今日作った料理 トマトとパッシ... 最近作った料理3 >>