<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

北伐第二部

続き書くの忘れてた。

今日はいい刺激を頂ける出会いがあったのだけど、まあそれはいつの日か。

北伐続き。

夜、ご飯を食べに名護市街に出ました。

「地中海料理&ギャラリーレストラン 雲茶 -UNSA-」

d0076442_1524653.jpg


店内は落ち着いた感じで、女性客が多いです。
料理はスペイン料理というか、地中海料理という感じだそうです。
ニンニクのいい匂いが伝わってくる・・・・。いいお店だろうなってわかります。
ニンニクの使い方一つで料理が決まりますもの。
アラカルトでとりあえず食べてみたいものを選びました。

まずはワイン。
d0076442_154585.jpg


キリっとした白と、赤も一本いただきました。おかげさまでその後記憶をw

続いて前菜に島野菜のグリル。
d0076442_15554100.jpg


グリル加減がよく、甘味も出てて美味しい。バルサミコを使ったソースです。

続いてエビのオイル煮
d0076442_1565918.jpg


エビの旨みがギュッと出て、アーリオオーリオとマッチしています。パンにオイルを浸して食べても美味しい。

チャーグーのグリル
d0076442_1581018.jpg


チャーグーってのは沖縄の在来豚であるアグーとデュロック種のF1種らしいです。
北部農林高校の生徒たちが作ったんだとか。さすがだね。
味は脂身がサラっとしてる上に甘みがあり、肉がぷりっとしています。
こりゃ美味しいな。

で、メインのパエリヤ
d0076442_214820.jpg


魚介の旨みがギュッと凝縮していて、米の火の通し加減も非常に良い。
お見事。でも、エビと貝が一緒に入るときは、アミノ酸の相乗効果で塩分を強く感じすぎてしまうので、もう少し塩分を抑えた味の方が好みかな。

あと二つほど頼んだけど、一品記憶にないw
自家製のベーコンです。塩分の具合がいいね。控えめで柔らか。
d0076442_232240.jpg


最後のは多分、鶏肉のオイル焼きだろうけど、記憶にありません。食べたっけ?
d0076442_243026.jpg


非常においしく、サービスもとてもよく、いい時間を過ごせました。ありがとうございました。

 「雲茶」
(住)名護市大東1-19-2 (Tel)0980-53-2948
(営) Lunch 12:00-15:00 (L.O) 14:30
Dinner 18:00-23:00 (L.O) 22:00
(休)月曜日 (駐)あり (最寄)名護十字路側(ひんぷんがじゅまる向け)

で、その後飲み歩き、帰る前にそばw

「赤犬子(あかいんく)」
うーむ、すごい名前だけど・・・・w
d0076442_255025.jpg


普通にそばを食べました。
d0076442_262542.jpg

おお!思った以上に美味しい!これは嬉しい夜そば。
うーむ、名護の街おそるべし。

そしてタクシーでホテルに戻り、次の日にと。

その日もそば二食狙い。

まずはみんなが行ったことが無かった山原そばへと行ったんだが、台風で足止めくらった観光客だらけで、とてつもない渋滞。
急遽Uターンして、名護の丸大の隣にある、「おおしろ」へ。

久しぶりに食べたけど美味しいなぁ。
d0076442_2142922.jpg


ただね、麺があまり好みじゃなくてね。それだけ。

二件目は帰りながら。
まだ行ったことなかった、北谷の国体道路沿い、「どんど」へ。

d0076442_2153142.jpg


入口でおばちゃんに前金で支払。不思議なお店w
ボクはソーキそば。みんな別別の注文になった。
d0076442_2163563.jpg


2件目は大体、味があまりおいしく感じられないのだけど、それでもこの美味しさ。
そりゃー老舗として続くわけだ。美味い。
肉はしっかり煮込まれてて、骨までサクサク。
スープは甘みのある好みのタイプ。雑味が多くて好き。

こうやって北伐も終わり、家に帰りました。
帰るなり爆睡。
運転は結構好きなんですが、疲れがたまるものです。

でも楽しいので、次回を夢見て。
[PR]
by michinoyu3 | 2008-09-16 02:18 | 沖縄そば

北伐

やっとこさ夏休みです。
仕事で大手柄をあげ、一段落したのでちょうどよかったので、友人たちと名護に遠征。

「北伐」と名付けられたイベントです。(軍を起こして北上するって意味ね。)

今回は親友ともう一人年上の方。

かなり楽しみにしてたのだけど、このメンバーで石垣も行ったので、楽しくなるという確信がありました。

とりあえず北上がてら、まずはおそば。

「やかそば」
移転したばかりらしく、それでもこの客の数は凄い。

d0076442_0573853.jpg
d0076442_05836.jpg



ボクはやかそばを頼みましたが、ものすごいプルプルの軟骨ソーキ入り。
d0076442_0584179.jpg


全体的に豚とカツオなんですが、豚をしっかり煮たスープでカツオをしっかり煮込んだ感じかな。鰹節を長時間強火で煮込んだときに出るような特有の酸味があるけど御愛嬌。
麺は平たい麺で、北部のパワー系を支えてくれるボリューム感。
いいお店だなぁ。次回は他のそばも食べてみたいな。

一件目終了。
続いて二件目。

「夢の舎」

d0076442_122035.jpg


前回、友人と来たのだけどシーミーかなんかで休みだったんだよね。
そのリベンジということで。
d0076442_13488.jpg


ふたをかぶせたそばが登場です。
このスタイルは相当昔のスタイルらしく、僕の記憶では南部では陶器のふたのところもあった気がします。
中部とかでは木の蓋だったんだって。面白いね。

d0076442_135889.jpg


スープはものすごく濃いカツオ。ここまでカツオ使ってるところもほかにないだろうな。

「カツオのスープ」とか、そばじょーぐーとかが言ってるところの大半は色々あってね。
本当にカツオをしっかり使ってるところはなかなか無いと言っていいと思う。

ここまで使ってると凄いな。甘みがあるのは野菜だと思うけど、僕は好みだ。
麺は手打ちで、丁度てんtoてんを思い出す感じ。

正直、好みだ。イイネェ。
付け合わせのおからは肉の脂を取るときに使ったりするので、その残りかな?という感じ。
豆乳はこの世界で出されるとちょっと躊躇する。
臭みもなく、とても美味しかったんだけどね。

また来るにはちょっと遠すぎるんだけど、北部へと足を運ぶ時に是非行きたい場所だ。
紀ノ川みたいな位置づけかな。

ハイビスカスのてんぷらというのも頼んでみた。
d0076442_1105459.jpg


物は試しだったんだが、思ったよりもおいしい。
ハイビスカスの花がとても好きだったので、見ても綺麗食べても美味しいなんて、なんて素敵な花だろうと再確認した。

ちなみに兄貴の嫁さんは牛が大好きらしく、牧場にわざわざ見に行き、「可愛くて美味しそう」と、言ってるらしい。見ても可愛い食べても美味しいってことだね。

さて、ホテルに到着。
着いた瞬間、大雨。台風近付いてんだもん。
d0076442_1102218.jpg


海にはちょっと入るのが怖かったので、夜に備えてひと眠りすることにした。
続きは明日。
まだ夏休み中なのだ。
[PR]
by michinoyu3 | 2008-09-15 01:12