<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

パスタマシーン買った。  手打ちタリアテッレ、白菜と肉団子のレモンセージソース。

手打ち、ワインボトルでやるのがめんどくさくて、つい買ってしまいました。

パスタマシーン。
d0076442_1947999.jpg


それで作りました。
タリアテッレ。
d0076442_19474488.jpg


手で作るのも楽しいんだけど、メンドクサ。
というわけで買いました。イタリアせいらしいけど、なかなか使いやすくて良い。

で、今晩の晩飯。

手打ちタリアテッレ、白菜と肉団子のレモンセージソース。
かなり傑作ね。

まず、にんにくをオリーブオイル(ボクはエコナで割ってる)で、色づくまで炒めます。
肉団子はハンバーグ用でいいです。
丸くして、中にとろけるチーズでも入れておきましょう。

焼き色が付いたら、白ワインを少し多めに注ぎ、水と鶏がらスープの素を少々入れて、煮込みます。
d0076442_19525261.jpg


ここで隠し味に、砂糖をほんの少し入れておきましょう。これでかなり差が出ます。
想像できない味になります。

少し煮詰め、セージを入れます。
塩で調味。

パスタを茹でます。
多めの水に塩を1%入れ、泳がせるように茹でます。
2分ほど茹でても、まだ粉っぽさがありますが、大丈夫。
d0076442_19532448.jpg


ソースに混ぜて、煮汁を吸わせます。
最後に発酵バターで乳化させ、レモンの皮をみじん切りにしたものを入れます。
d0076442_19535133.jpg


パルミジャーノを削って出来上がり。
d0076442_19542958.jpg


ものすごく!がつくほど美味しいです。
うーむ、美味しい・・・・。我ながら腕をあげたなぁ。

パスタも薄力粉で作っただけあって、つるつるしてて美味しい。
一晩ほど熟成させてるから、歯ごたえもプチプチしててかなりいい感じ。
楽しみが増えた。
今度は何を作ろうかな?
このレシピは殿堂入りだな。
[PR]
by michinoyu3 | 2008-03-04 19:56 | イタリアン

節句 手打ちパスタでラザニア

今日は昨日の続き。

パスタ生地が残ってたので、前日の夜に平たく伸ばして乾燥させておきました。
このまま保存もできます。
量が量だったので、そのままラザニア作っちゃいました。

まずは材料。
昨日作ったパスタ。
d0076442_21314141.jpg


形は不ぞろいですが、一応切りそろえます。
切りそろえた残りは、普通に茹でてスープの具にでもしましょう。美味しいですよ。

ミートソース、ベシャメルソースの材料。
d0076442_21323211.jpg


ミートソースは普通の作り方でもいいのですが、僕は赤ワインを使った重い感じでコクが強すぎるのは苦手なのです。そんで作り方。

にんにく2カケのみじん切りと、玉ねぎ1個のみじん切りをオリーブオイルで炒め、色を出します。

ひき肉を入れてしっかりつぶし、炒めます。
カリッカリになるまで炒め、白ワインででグラッセします。

その後カットトマトの缶詰を入れ、煮詰めて塩とほんの少しの砂糖で味を整え、バターで乳化させておきます。

ベシャメルは…木ベラがなくて、どうも作りにくかったので、最後に裏ごしして滑らかにしました。ヘラ買わねーとなぁ。

茹でたパスタは少し覚まし、水気を取っておきます。

ベシャメルとミートソース、パスタを交互に重ねていきましょう。
d0076442_21354330.jpg


で、チーズを載せます。
ホントはモッツァレラがいいと思うけど、家になかったので適当にとろけるチーズでいいです。
そこにすりおろしたパルミジャーノを合わせれば、全然遜色ない味わいです。
d0076442_21363783.jpg


250度のオーブンで17~18分ほど焼きましょう。
焼き色がつけばオーケーです。

出来上がり。ウマそうでしょ。
d0076442_21372362.jpg


パスタがベシャメルの水分を吸ってくれるので、しっかりとした食べ応え。
だけどミートソースを軽くしてるので、ぐいぐい食べられます。
美味しかった。

d0076442_21381762.jpg


今日は姪の初節句だったので、家族全員で祝いに行きました。
家族全員で写真を撮ったのって、生まれて初めてじゃないだろうか?
姪の「さわちゃん」にみんなメロメロ。親父も御袋も、じーちゃんばーちゃんしてました。
あんなに穏やかで楽しい時間も久しぶりだ。

ホント、いい一日だった。
ありがとう。
[PR]
by michinoyu3 | 2008-03-02 21:43 | イタリアン

手打ちパッパルデレ ひよこ豆のソース。

今日は久しぶりにのんびり。
外でそばでも食べてこようかな?と思ったけど、どうも気が進まない。

というわけで、家で料理をすることに。

今日は時間があるので、色々ある材料を使ってみよう。

そろえたら、結構いいのがあった。
ひよこ豆の缶詰とトマト缶、スパイスは常備してるクミン、コリアンダー、ナツメグ。
ひき肉も使いかけのが冷凍で残ってたw
米もないし、乾麺もないし・・・・・卵と小麦粉はある。

というわけで、手打ちパスタを作りました。

手打ちパッパルデレひよこ豆のソース、エスニックテイスト。
パッパルデレは幅広い、きし麺のようなパス多々です。

まずはパスタを作ります。
材料
小麦粉200g、全卵2個、卵黄1個、塩少々、オリーブオイル少々。ラップ。

小麦粉は薄力粉しかなかったので、卵を入れた麺にして食感を作りました。
卵を全卵2、卵黄1を混ぜます。

小麦粉を真ん中に穴をあけ、卵液を流し込みます。
d0076442_15505935.jpg


指かフォークを入れ、くるくるとまわしながら周りを削り落とすように混ぜていきます。そうしないと、かなりだまになってしまって、練っても練り残しが出来てしまいます。

綺麗に混ざるとこんな感じ。
d0076442_15525072.jpg


それから全部押し付けるように集めていきます。
こんな感じ。
d0076442_15531317.jpg


体重をかけるように練りこみ、できるだけ表面がなめらかになるまで練ります。
パンをこねる要領ね。

その後、オリーブオイルを塗って、ラップして常温で放置。人によっては半日ぐらいおくらしいけど、僕は1時間もありゃ十分だと思う。

その間にソースを作ります。

材料・ひよこ豆のソース
ひよこ豆一缶、ホールトマト缶、エシャロット、にんにく、クミン・コリアンダー・ナツメグ・コショウ、ひき肉200g、オリーブオイル、塩少々。

d0076442_15543426.jpg


ニンニクとエシャロットをみじん切りにして、常温のオイルから火を入れていきます。
香りが出てきたら、ひき肉を入れます。
塩、クミン・コリアンダー・ナツメグ・コショウ(フレンチでいうキャトルエピスの構成ね)をまぶし、炒めます。
カリカリになってきたら白ワインを入れ、デグラッセして焦げからうまみを落としましょう。

その後、つぶして種を取ったホールトマトを入れて、ブイヨン、水、鶏がらスープを少々、ひよこ豆を入れて煮込みます。
d0076442_15565858.jpg


カレーに似た感じ。ご飯にかけてもウマカタ。

パスタを作ります。

先ほどのラップしたやつを包丁で適度にカットし、打ち粉をした台所で伸ばします。
麺棒なんてハイソな道具持ってないので、ワインのボトルを使って伸ばしました。

最後にきちんと伸ばして、軽くもんで出来上がり。
d0076442_15583287.jpg


塩を入れた熱湯で、3分ほど茹でましょう。手打ちは柔らかいほうがおいしい場合があるので、僕は柔らかく茹でます。

最後にゆで汁で伸ばしたソースを載せて。
d0076442_15592068.jpg


いやー、我ながら美味い。
かなりお腹一杯だ。材料費は・・・・3人分で300円ぐらいだから、かなり得だな。

久しぶりの凝った料理だったので、楽しかった。
[PR]
by michinoyu3 | 2008-03-01 16:07 | イタリアン